レインズって何?一般人でも賃貸情報を見れる?

レインズとは賃貸

不動産会社の人なら誰でも知ってる「レインズ」。一般の人にはなじみがないかもしれませんね。レインズで何ができて、どうやったら見れるのかについて紹介したいと思います。

レインズ(REINS)とは?

レインズ(REINS)とは、Real Estate Information Network Systemの略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。

筆者
筆者

家主が入居者を探すときに不動産会社に依頼します。すると、不動産会社はレインズにアクセスして、物件情報を登録(下図②)します。

筆者
筆者

遠く離れた別の不動産会社では、物件を探している人が相談に来たら、レインズに条件に合う物件がないか検索(上図④)できます。

全国の不動産会社が連携して、物件の情報を共有できるのね!

あれ?じゃあ、どこの不動産会社に相談しても、扱える物件は同じってこと?

筆者
筆者

そう思いますよね!でも現実は違うんです。詳しくは、後で説明します。

レインズで何が分かるの?

在庫と成約情報

レインズで賃貸物件を検索する際に、対象区分を選択できます。在庫」は入居者募集中成約」はすでに入居者が確定した契約済みの賃貸情報が閲覧できます。

レインズでは在庫と成約のいずれかを選択可能

何のために過去の「成約」なんて見るのかしら?

筆者
筆者

値付けのためです。つまり、これから広告を掲載しようとしている人が、「同じ物件は過去にいくらの賃料で取引されているのか」「周辺の似た物件がいくらの賃料で取引されているのか」を提供しているんです。

レインズの成約賃料と成約前賃料
筆者
筆者

賃料は値引きされるケースもあるため、成約前賃料成約賃料の2つを見ることができます。もちろんいつ成約したのか日付も分かります。

広告転載不可の物件

そういえば、さっきどこの不動産会社でも同じ情報が扱えるわけじゃないって言ってたけど、どうゆうこと??

筆者
筆者

実は、下のように「広告転載:不可」という物件が登録されているんです。登録時に選択できるんです。

レインズの広告転載区分
広告転載区分意味
広告可自由に広告して良いので、入居者を探してください。
一部可(インターネット)インターネットへの広告だけ許可するので、入居者を探してください。
一部可(チラシ・新聞広告)チラシ・新聞への広告だけ許可するので、入居者を探してください。
広告可(但し要連絡)自由に広告して良いのですが、事前に連絡を下してから、入居者を探してください。
不可あらゆる広告に掲載NG

何これ??せっかくみんなで共有しているけど、広告してはいけないの?

筆者
筆者

そうなんです。ただ、広告は不可ですが、全国の不動産会社が検索はできるので、お店で相談すれば「こんな物件がありますよ」と見せてくれるハズなんです

じゃあ、お店に行けば全国の全ての物件を探せるってことね!

筆者
筆者

いや、それが「広告不可」は根が深いというか、広告だけでなく、他の不動産会社からの入居者紹介を受け付けないケースもたくさんあるんです。

筆者
筆者

たとえば、電話で「御社が登録した物件で内見希望されてるお客様がいるんですが・・・」と問い合わせても、「今、申込み入ってますね」と言って断られます。

ま、まさか!嘘ってこと?!なんで断るの?!

筆者
筆者

それを理解するには、下記の賃貸業界のお金の流れを見てください。物件を登録したのが左側の「物件管理している不動産屋」です。検索して入居者を紹介するのが右側の「入居者を見つけた不動産屋」です。

賃貸業界のお金の流れ

分かったわ!自分たちで入居者を見つければ、仲介手数料を得られるから、他社に渡したくないのね!!

筆者
筆者

あと、そもそも賃貸ではレインズの登録は絶対ではないんです。「人気物件なら、レインズに登録しなくても、相談しに来店したお客様に紹介すれば良いや」と考えている不動産会社も多くいます。

このほかにも、エイブルやミニミニのように仲介手数料を値引きしている会社は、ほぼレインズに登録していません。逆に、SUUMOやホームズのような大手サイトに載っていなくても、レインズにだけ登録されている物件もあります

レインズは一般人でも見れる?

通常のレインズのWEBサイトはここからログインします。しかし、一般人では見ることはできません。宅地建物業者のみレインズへ加入申し込みが可能で、加入するには、FRKなどの業界団体に属する必要があり、加入費50万円および年会費が必要になります。つまり無料でシステムを利用することはできないのです。では、どうしたら良いのでしょうか。

レインズ・マーケット・インフォメーションを使う

レインズは利用できませんが、近いものなら見れます。ただし、こちらは賃貸情報は見れないため、売買情報のみになります。また、物件名や部屋番号も分からないため、どちらかというと相場を確認するためのデータになります。

不動産ジャパンを使う

過去の成約情報は見ることができませんが、実は、入居募集中の在庫物件だけなら実質一般公開されています。直接ではなく、「不動産ジャパン」というサイトを通してです。不動産ジャパンは、公益財団法人不動産流通推進センターが管理・運営している不動産の総合情報サイトになります。

筆者
筆者

ただ、残念なことに「広告転載区分:広告可」「広告転載区分:インターネット」のみの物件になり、広告不可の物件は掲載されていませんでした。

タイトルとURLをコピーしました